最新の「史跡紹介」

もっと見る
今まで訪れた史跡を紹介。
南大阪、奈良を中心に、あまり知られていない史跡も巡っています。

最新の「旅日記」

もっと見る
巡った史跡の旅程を紹介。
史跡巡りの参考になればと思います。

コンセプト別「旅企画」

もっと見る
様々なコンセプトに絞った史跡巡りを企画。
「場所」「時代」「人物」など、ある一定の事柄に限定した史跡を巡ってみませんか?

ただいま準備中です。

Instagramの投稿一覧

もっと見る
少しでも史跡の良さを知ってほしいので、行った史跡の写真をアップしています。
史跡以外にも猫や日常的な情景をアップするかも。。。
  • 諏訪大社の下社春宮から秋宮に行く途中で見つけた青塚古墳。
墳丘の原型はわかりませんでしたが、むき出しの石室を拝見することができます。

#青塚古墳 #古墳 #諏訪 #長野県
  • 諏訪大社の下社春宮の幣拝殿。
意匠を凝らした立派な拝殿です。

#諏訪大社 #下社 #春宮 #拝殿 #神社 #諏訪 #長野県
  • 昨年夏に訪れた諏訪市の北澤美術館。
美しいガラスが多数あり有名な、エミール・ガレ、ドーム兄弟、ルネ・ラリックを堪能できます。
工芸品は動植物から着想を得たものが多いのですが、それをどのように表現しているのかを見るのが楽しいです。
#北澤美術館 #ガラス #エミール・ガレ #ドーム兄弟 #ルネ・ラリック #諏訪市 #諏訪湖
  • 昨年に行った浄瑠璃寺と岩船寺。
浄瑠璃寺は好きなお寺で何度も行っていますが、岩船寺は初めてでした。
どちらも三重塔が美しいお寺です。
奈良公園から車で20分程と近いのですが、京都府にあります。
#浄瑠璃寺 #岩船寺 #三重塔 #寺 #京都府
  • 昨年行った万博記念公園内のパビリオン。
開催当時を模した模型が展示されていましたので、色んな角度から楽しみました。
太陽の塔はやっぱり魅力的!
#太陽の塔 #パビリオン #万博記念公園 #模型 #吹田市 #大阪
  • 6月30日まで東洋陶磁美術館では「文房四宝展」が開かれています。
唐草のような模様を彫り込まれた筆は美しいの一言です!
自然石のような硯に施された彫刻が特にお気に入りです。

この美術館は特別展でも写真を撮れるので、気兼ね無く写真を撮りました。
でも全てを撮るのは難しいので結局図録も購入。

大満足な特別展です!

#東洋陶磁美術館 #文房四宝 #美術館 #大阪 #stationary #museum #osaka
  • 昨年撮った紫陽花。
猫も近くでお昼寝してました。
葉っぱにいるカマキリもいい感じですね。
#紫陽花 #アジサイ #道の駅 #羽曳野 #しらとりの郷 #猫 #ネコ #カマキリ
  • 奈良県にある黒塚古墳。
城郭などに利用された経緯があるのか削れた部分が多いです。
近くに資料館があるので、発掘時に状況がよくわかります。
色んな種類の三角縁神獣鏡が展示されているのが、個人的には1番のお薦めポイントです。

#黒塚古墳 #古墳 #三角縁神獣鏡 #奈良
  • 平安初期に淳和(じゅんな)天皇の勅願により建てられた奈良県にある長岳寺。
境内は広く落ち着いた雰囲気のお寺です。
所々で猫がくつろいでいます。

#長岳寺 #淳和天皇 #猫 #寺 #奈良
  • 奈良県の相撲発祥の地と言われる場所にて野見宿禰(のみのすくね)を発見!
當麻蹶速(たいまのけはや)と戦った末、勝利しました。

#野見宿禰 #當麻蹶速 #相撲神社 #奈良
  • 奈良の玉城山古墳群。
1基だけ横穴式の石室が残っており、当時の石の積み方などが見れて、とても有意義な場所です。

この周辺は古墳がいっぱいありますね!

#玉城山古墳群 #古墳 #横穴式石室 #石室 #奈良
  • 奈良県の茅原大墓古墳。
草に覆われていますが、古墳の形を留めています。

#茅原大墓古墳 #古墳 #奈良
  • 奈良県にある兜塚古墳。
少し放置されたような形で残されていますが、これだけ間近で見れる石棺はありがたいです。

阿蘇ピンク石を使用しており、はるばる運ばれてきたことを考えると、九州と近畿との交流はとても長いです!
この年の5月に阿蘇の外輪山を見てきたので、とても感慨深かったです。

#兜塚古墳 #古墳 #石棺 #奈良 #熊本 #阿蘇 #阿蘇ピンク石
  • 奈良県にある聖林寺。
街外れにあるお寺ですが、国宝の十一面観音を拝むことができます。
意匠はシンプルですが、全体のバランスが美しく、特に指先がきれいです。

元々は大神神社の神宮寺である大御輪寺にあったのですが、神仏分離の際に聖林寺へ運ばれてきました。

#聖林寺 #聖林寺十一面観音菩薩 #国宝 #寺 #奈良
  • 奈良県にある安倍文殊院の境内にある古墳。
年代は7世紀頃と新しく、石室の形がきれいなのが印象的です。

この寺院には快慶作の国宝 文殊菩薩があり、驚くほどの大きさです!

#安倍文殊院 #古墳 #寺 #文殊菩薩 #快慶 #奈良
  • 昨年5月に訪れた熊本城。
石垣の角の上下のちょっとした曲線が好きです。

ただ、まだまだ痛ましい姿は残っていました。

城造りの名人、加藤清正が築いたこの城が、また美しい姿に戻ることを陰ながら応援しています。

#熊本城 #熊本 #城 #石垣 #櫓 #kumamotocastle #kumamoto #castle
  • 先日訪れた奈良県立美術館の企画展「肉筆浮世絵」。
昔は日本画はどれもよく似た絵だと思っていたのですが、色々な作者の作品を見るとそれぞれ描き方が異なり表現方法の豊かさに感心しました。

最近は展示の一部だけでも写真を撮れるのが嬉しいです。

#奈良県立美術館 #肉筆浮世絵 #美術館 #奈良 #museum #nara
  • ここは豊後街道の名残を残す場所。
参勤交代の際にも使用されたので「参勤交代の道」とも紹介されています。
この残された石畳と共に外輪山の景色は観ると、江戸時代に戻った気分になります。
#参勤交代の道 #豊後街道 #阿蘇 #熊本 #sankinkoutai #road #aso #kumamoto
  • 阿蘇の池山水源。
澄んだ水と緑色の調和は、やはり美しいですね。
天候にも恵まれ水面の反射がはっきりと映っています。
#湧水 #池山水源 #阿蘇 #熊本 #water #aso #kumamoto
  • 阿蘇の扇棚田。
雄大な自然の中に現れる棚田は、水と緑が絶妙に調和しています。
どこまでも広がる緑が美しく、忘れられない景観に出会えます!

#扇棚田 #棚田 #阿蘇 #熊本 #aso #kumamoto
略式年表
  1. 旧石器時代

    西暦:〜紀元前1万4000年頃
    都:不明
  2. 縄文時代

    西暦:紀元前1万4000年頃~紀元前300年頃
    都:不明
  3. 弥生時代

    西暦:紀元前300年頃~250年頃
    都:不明
  4. 古墳時代

    西暦:250年頃~600年代の末頃
    都:不明
  5. 飛鳥時代

    西暦:592年~710年
    都:飛鳥京(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(645年):難波宮(摂津国:大阪市中央区)
    遷都(655年):飛鳥京(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(667年):近江大津宮(近江国:滋賀県大津)
    遷都(672年):飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらぐう(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(694年):藤原京(大和国:奈良県橿原市)
    乙巳いっし・おっしの変(645年)
    中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が蘇我入鹿を暗殺した政変。
    蘇我氏の本宗家は滅亡した。
    蘇我氏などの飛鳥の豪族がいる場所から、難波宮に遷都(645年)。
    ・大化の改新(646年)
    乙巳の変後に改新の詔に基づく政治改革。
    天皇を中心とする中央集権を目指した。
    ・白村江の戦い(663年)
    朝鮮半島の白村江で行われた、倭国・百済連合軍と唐・新羅連合軍との戦争。
    しかし倭国・百済連合軍は敗戦。
    日本侵攻を防ぐため太宰府に水城を築き、九州沿岸には防人を配備した。
    さらに防衛のため、近江大津京への遷都も行っている(667年)。
    ・壬申の乱(672年)
    天智天皇の死後、大海人皇子(後の天武天皇・天智天皇の異母弟)が反乱を起こし、大友皇子(後に弘文天皇の称号を得る・天智天皇の息子)を自決に追い込んだ内乱。
    乱後、大海人皇子は天武天皇となり、飛鳥浄御原宮を造って即位した。
    ・大宝律令(701年)
    661年、天武天皇により律令制定の詔が出され、天武没後の689年に持統天皇により飛鳥浄御原令が施行された。
    ただ、まだこの段階では「令」のみで「律」は制定されていなかった。
    そして、701年に文武天皇により大宝律令が公布された。
    日本初の本格的な律令政治の基本法である。
    また、編纂には藤原鎌足の息子、藤原不比等も関わっていた。
  6. 奈良時代

    西暦:710年~794年
    都:平城京(大和国:奈良県奈良市)
    遷都(744年):難波宮(摂津国:大阪市中央区)
    遷都(745年):紫香楽宮(滋賀県甲賀市)
    遷都(745年):平城京(大和国:奈良県奈良市)
    遷都(784年):長岡京(山城国:京都府長岡京市)
    ・平城遷都(710年)
    710年に元明天皇により平城遷都の詔が出された。
    平城京は唐の長安や北魏洛陽城を模して建造されたとされている。
    ・古事記の成立(712年)
    古事記の最初の編纂は天武天皇の時代に遡ります。
    天武天皇は稗田阿礼ひえだのあれ誦習しょうしゅう(書物などを暗記する)を命じました。
    しかし、天武天皇が亡くなったので、元明天皇が太安万侶おおのやすまろに命じ、稗田阿礼が誦習していた内容をまとめさせました。
    そして、712年に太安万侶から元明天皇に献上されました。
    現存する最古の「歴史書」とされています。
    ・日本書紀の完成(720年)
    日本書紀は天武天皇の命により編纂が始まります。
    681年に川島皇子らに編纂を命じ、720年に天武天皇の子である舎人とねり親王がまとめ、元正天皇に奏上されました。
    現存する最古の「正史」とされています。
    ・長屋王の変(729年)
    724年に藤原不比等の四人の息子(武智麻呂・房前・宇合うまかい・麻呂)は、聖武天皇に嫁いだ妹の光明子を皇妃にしようとします。しかし、長屋王が反対をしました。
    長屋王は、父が天武天皇の皇子である高市皇子で、母は天武天皇の皇女である御名部皇女みなべのひめみこであり、また左大臣という臣下では最高位にありました。
    辛巳事件しんしじけんと呼ばれる藤原四兄弟と長屋王による対立です。
    そして729年に「長屋王は密かに左道(呪い・妖術)を学びて国家を傾けんと欲す」という密告があり、藤原宇合らが率いる六衛府りくえふが長屋王の邸宅を包囲し、長屋王を自害に追い込みました。
  7. 平安時代

    西暦:794年〜1185年
    都:平安京(山城国:京都市)
    遷都(1180年):福原京(摂津国:兵庫県神戸市)
    遷都(1180年):平安京(山城国:京都市)
    ・平安京遷都(794年)
    続日本記しょくにほんぎの完成(797年)
    ・承平天慶の乱(935年〜941年)
    ・前九年の役(1051年〜1062年)
    ・後三年の役(1083年〜1087年)
    ・保元の乱(1156年)
    ・平治の乱(1160年)
    治承・寿永じしょう・じゅえいの乱(1180年)
  8. 鎌倉時代

    西暦:1185年〜1333年
    都:平安京
    ・文永の役(1274年)
    ・弘安の役(1281年)
    ・元弘の変(1331年)
  9. 室町時代

    西暦:1336年~ 1573年
    都:平安京
    ・応仁の乱(1467年)
  10. 安土桃山時代

    西暦:1573年~1603年
    都:平安京
    ・川中島の戦い(1553年〜1564年)
    ・姉川の戦い(1570年)
    ・賤ヶ岳の戦い(1583年)
    ・小牧・長久手の戦い(1584年)
    ・関ヶ原の戦い(1600年)
  11. 江戸時代

    西暦:1603年~1868年
    都:平安京
    ・大坂冬の陣(1614年)
    ・大坂夏の陣(1615年)
    ・大塩平八郎の乱(1837年)
    ・黒船来航(1853年)
    ・桜田門外の変(1860年)
    ・禁門の変(1864年)
  12. 明治時代

    西暦:1868年~1912年
    都:東京府
    ・王政復古の大号令(1868年)
    ・廃藩置県(1871年)