最新の「史跡紹介」

もっと見る
今まで訪れた史跡を紹介。
南大阪、奈良を中心に、あまり知られていない史跡も巡っています。

最新の「旅日記」

もっと見る
巡った史跡の旅程を紹介。
史跡巡りの参考になればと思います。

コンセプト別「旅企画」

もっと見る
様々なコンセプトに絞った史跡巡りを企画。
「場所」「時代」「人物」など、ある一定の事柄に限定した史跡を巡ってみませんか?

ただいま準備中です。

Instagramの投稿一覧

もっと見る
少しでも史跡の良さを知ってほしいので、行った史跡の写真をアップしています。
史跡以外にも猫や日常的な情景をアップするかも。。。
  • 阿蘇の外輪山の内側には所々に古墳があります。
田園風景の中から突然現れる古墳は、ただの盛り土かと思うのですが、周辺を回ると古墳だとわかる形状をしています。
外輪山に囲まれたこの地には、どの様な文化があったのか興味が湧きます。
#外輪山 #中通古墳群 #古墳 #阿蘇 #熊本 #kofun #aso #kumamoto
  • 5月に行った熊本の阿蘇で自然の素晴らしさを感じました。
お椀の様に均一な形をし、緑が生い茂っている小山は米塚で、頂上のくぼみは火山噴火の名残だそうです。
また、美しい山岳が続く道の途中には、山岳仏教の霊場である古坊中があり、鎌倉時代から室町時代に存在した修行の場で、多くの坊舎やお堂があったそうです。

#米塚 #夕日 #古坊中 #火山 #火口 #阿蘇 #熊本 #komezuka #sunset #aso #kumamoto
  • 熊本県美里町にある霊台橋(れいだいきょう)。
どのように支えられているのか考えさせられる美しいアーチです。

江戸時代後期に架けられ、重要文化財にも指定されています。

すぐ下にはカフェがあり、霊台橋を見ながら美味しいハンバーガーを食べました!

#霊台橋 #石橋 #重要文化財 #美里町 #熊本 #bridge #misatomachi #kumamoto
  • 熊本県人吉市の観蓮寺(かんれんじ)。
写真は木造の千手観音立像。
平安時代の後期の作品と言われています。
色は残っていませんが、平安時代特有のふっくらした顔が印象的です。
本堂には銅製の千手観音もあります。

人吉には他にもいくつか仏像があり、いつかまた訪れたいですね!

#千手観音 #仏像 #寺 #観蓮寺 #人吉 #熊本 #temple #hitoyoshi #kumamoto #kanrenji
  • 雄大な球磨川。
球磨川下りで有名です。
人吉城はこの川を運搬や防備として利用して栄えました。
城主は相良氏で、今でも地元の人に愛されています。

#人吉城 #相良氏 #球磨川 #人吉市 #熊本 #castle #hitoyoshi #kumamoto
  • 熊本県の人吉駅のすぐ近くにある「大村横穴群」。
近くまでは寄れませんが、線刻で装飾が施されています。
もう少し近くで見たかったですね!

#横穴 #人吉 #熊本 #hitoyoshi #kumamoto
  • 熊本県人吉市にある老神神社(おいがみじんじゃ)。
この地域を治めていた相良氏によって再興されたそうです。
本殿をよく見ると、鬼が屋根を支えています。
#老神神社 #相良氏 #人吉 #熊本 #神社 #hitoyoshi #kumamoto #shrine
  • くまモンの足が長いね。
隣のピンクのクマは何だろう?

#くまモン #ピンクのクマ #足が長くない? #人吉 #球磨地方 #熊本 #kumamon #hitoyoshi #kumamoto #bear
  • 5月に行った国宝の青井阿蘇神社。
茅葺屋根が美しい立派な楼門があります。
熊本県内唯一の国宝だそうですが、個人的には装飾古墳のいくつかは国宝に指定されてもおかしくないと思っています。

#青井阿蘇神社 #茅葺屋根 #神社 #人吉 #熊本 #shrine #hitoyosi #kumamoto
  • 猫やで。

#猫 #cat
  • 5月に連休は昨年に続き熊本に行きました!
人吉まで行く翡翠(カワセミ)は、素晴らしい列車で、大いに観光気分を盛り立ててくれました!

#列車 #翡翠 #人吉 #熊本 #train #kawasemi #hitoyoshi #kumamoto
  • 4月頃に撮影した淀川の送電線。
手前が梅田側で、鉄塔は西中島方面です。

#淀川 #送電線 #鉄塔
  • 今年3月頃に撮影。

#服部緑地 #夕日
  • 奈良の春日山原始林内にある2箇所の磨崖仏(まがいぶつ)を見ました!
地獄谷石窟仏と春日山石窟仏です。

地獄谷の盧遮那仏はなんと奈良時代の後期の作で色も残っています。
春日山の石窟仏は平安時代末期の作で、こちらは線刻ではなく岩を削って立体的になっています。

車で原始林内に入れたので、近くまで行き、後は徒歩で行きました。
道のりは大変でしたが、それぞれ違った良さがあるのと、春日山にこれほど見事な磨崖仏があることに驚きました!

奈良はまだまだ見応えのあるものが多いですね!

#磨崖仏 #石窟仏 #仏像 #地獄谷 #春日山 #奈良 #grinding #buddha #kasugayama #nara
  • 柳生の里、芳徳寺(ほうとくじ)の資料館には興味深い品々が!
巻物、刀の鍔、兜や印籠。
藩印や藩札を見れたのは、当時を想像できる良い体験でした!
最後はやはり剣豪・柳生氏の氏寺。
剣術の指南書が貼っておりました。

#柳生の里 #芳徳寺 #柳生 #巻物 #鍔 #兜 #印籠 #藩 #奈良 #temple #nara
  • 奈良県奈良市の芳徳寺(ほうとくじ)にある柳生一族の墓所。
最初の墓石は柳生三厳(みつよし)、通称は十兵衛。
2つ目の墓石は大和柳生藩初代藩主の柳生宗矩(むねのり)。十兵衛の父親です。

#柳生 #柳生十兵衛 #柳生の里 #芳徳寺 #剣豪 #墓所 #墓石 #奈良
  • 奈良県の柳生の里にある芳徳寺(ほうとくじ)。
一体の仏像、二体の僧像、一体の藩主像が安置されています。
柳生氏の菩提寺なので、境内の奥には柳生藩主歴代のお墓があります。
#芳徳寺 #柳生の里 #柳生 #奈良市 #奈良県 #temple #yagyu #nara
  • 奈良市忍辱山(にんにくせん)にある円成寺(えんじょうじ)。
奈良市の中心部からは遠いですが、国宝と重要文化財が多く見応えのあるお寺です。
特に運慶展にも出ていた大日如来坐像が目玉です。
ロケーションもよく静かでゆったりした時間を過ごせます。 (先日出張で行った東京駅で、このお寺がポスターになっているのを見ました。) #円成寺 #運慶 #国宝 #重要文化財 #忍辱山 #奈良 #enjyoji #unkei #ninnikusen #nara
  • 奈良公園の裏巡り。
興福寺の三重塔を通り、そこから歩いて東大寺の転害門へ。
ボランティアガイドの方から転害門について色々教えて頂きました。
最後はそのガイドさんお勧めの「東大寺の後ろ」をパシャり!
子供の頃から何度も行っているけど、行く度に新たな発見があるのは嬉しい体験です。

#奈良公園 #興福寺 #東大寺 #転害門 #奈良 #narapark #koufukuji #todaiji #tegaimon #nara
  • 2月に訪れた大阪城。
多くの観光客が訪れており、すごく賑わっていました!
水面に映った大阪城は近くの日本庭園から撮りました。
ここは意外と人が少なく穴場です。

帰りには太融寺を訪ね、淀君のお墓を参りました。

太閤秀吉が築き、淀君や秀頼が守ろうとした大坂城は地中に埋もれましたが、今尚多くの人で賑わっています。

#大阪城 #大坂城 #城 #太融寺 #淀君 #大阪 #osakacastle #castle #taiyuji #osaka
略式年表
  1. 旧石器時代

    西暦:〜紀元前1万4000年頃
    都:不明
  2. 縄文時代

    西暦:紀元前1万4000年頃~紀元前300年頃
    都:不明
  3. 弥生時代

    西暦:紀元前300年頃~250年頃
    都:不明
  4. 古墳時代

    西暦:250年頃~600年代の末頃
    都:不明
  5. 飛鳥時代

    西暦:592年~710年
    都:飛鳥京(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(645年):難波宮(摂津国:大阪市中央区)
    遷都(655年):飛鳥京(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(667年):近江大津宮(近江国:滋賀県大津)
    遷都(672年):飛鳥浄御原宮あすかのきよみはらぐう(大和国:奈良県明日香村)
    遷都(694年):藤原京(大和国:奈良県橿原市)
    乙巳いっし・おっしの変(645年)
    中大兄皇子(後の天智天皇)と中臣鎌足(後の藤原鎌足)が蘇我入鹿を暗殺した政変。
    蘇我氏の本宗家は滅亡した。
    蘇我氏などの飛鳥の豪族がいる場所から、難波宮に遷都(645年)。
    ・大化の改新(646年)
    乙巳の変後に改新の詔に基づく政治改革。
    天皇を中心とする中央集権を目指した。
    ・白村江の戦い(663年)
    朝鮮半島の白村江で行われた、倭国・百済連合軍と唐・新羅連合軍との戦争。
    しかし倭国・百済連合軍は敗戦。
    日本侵攻を防ぐため太宰府に水城を築き、九州沿岸には防人を配備した。
    さらに防衛のため、近江大津京への遷都も行っている(667年)。
    ・壬申の乱(672年)
    天智天皇の死後、大海人皇子(後の天武天皇・天智天皇の異母弟)が反乱を起こし、大友皇子(後に弘文天皇の称号を得る・天智天皇の息子)を自決に追い込んだ内乱。
    乱後、大海人皇子は天武天皇となり、飛鳥浄御原宮を造って即位した。
    ・大宝律令(701年)
    661年、天武天皇により律令制定の詔が出され、天武没後の689年に持統天皇により飛鳥浄御原令が施行された。
    ただ、まだこの段階では「令」のみで「律」は制定されていなかった。
    そして、701年に文武天皇により大宝律令が公布された。
    日本初の本格的な律令政治の基本法である。
    また、編纂には藤原鎌足の息子、藤原不比等も関わっていた。
  6. 奈良時代

    西暦:710年~794年
    都:平城京(大和国:奈良県奈良市)
    遷都(744年):難波宮(摂津国:大阪市中央区)
    遷都(745年):紫香楽宮(滋賀県甲賀市)
    遷都(745年):平城京(大和国:奈良県奈良市)
    遷都(784年):長岡京(山城国:京都府長岡京市)
    ・平城遷都(710年)
    710年に元明天皇により平城遷都の詔が出された。
    平城京は唐の長安や北魏洛陽城を模して建造されたとされている。
    ・古事記の成立(712年)
    古事記の最初の編纂は天武天皇の時代に遡ります。
    天武天皇は稗田阿礼ひえだのあれ誦習しょうしゅう(書物などを暗記する)を命じました。
    しかし、天武天皇が亡くなったので、元明天皇が太安万侶おおのやすまろに命じ、稗田阿礼が誦習していた内容をまとめさせました。
    そして、712年に太安万侶から元明天皇に献上されました。
    現存する最古の「歴史書」とされています。
    ・日本書紀の完成(720年)
    日本書紀は天武天皇の命により編纂が始まります。
    681年に川島皇子らに編纂を命じ、720年に天武天皇の子である舎人とねり親王がまとめ、元正天皇に奏上されました。
    現存する最古の「正史」とされています。
    ・長屋王の変(729年)
    724年に藤原不比等の四人の息子(武智麻呂・房前・宇合うまかい・麻呂)は、聖武天皇に嫁いだ妹の光明子を皇妃にしようとします。しかし、長屋王が反対をしました。
    長屋王は、父が天武天皇の皇子である高市皇子で、母は天武天皇の皇女である御名部皇女みなべのひめみこであり、また左大臣という臣下では最高位にありました。
    辛巳事件しんしじけんと呼ばれる藤原四兄弟と長屋王による対立です。
    そして729年に「長屋王は密かに左道(呪い・妖術)を学びて国家を傾けんと欲す」という密告があり、藤原宇合らが率いる六衛府りくえふが長屋王の邸宅を包囲し、長屋王を自害に追い込みました。
  7. 平安時代

    西暦:794年〜1185年
    都:平安京(山城国:京都市)
    遷都(1180年):福原京(摂津国:兵庫県神戸市)
    遷都(1180年):平安京(山城国:京都市)
    ・平安京遷都(794年)
    続日本記しょくにほんぎの完成(797年)
    ・承平天慶の乱(935年〜941年)
    ・前九年の役(1051年〜1062年)
    ・後三年の役(1083年〜1087年)
    ・保元の乱(1156年)
    ・平治の乱(1160年)
    治承・寿永じしょう・じゅえいの乱(1180年)
  8. 鎌倉時代

    西暦:1185年〜1333年
    都:平安京
    ・文永の役(1274年)
    ・弘安の役(1281年)
    ・元弘の変(1331年)
  9. 室町時代

    西暦:1336年~ 1573年
    都:平安京
    ・応仁の乱(1467年)
  10. 安土桃山時代

    西暦:1573年~1603年
    都:平安京
    ・川中島の戦い(1553年〜1564年)
    ・姉川の戦い(1570年)
    ・賤ヶ岳の戦い(1583年)
    ・小牧・長久手の戦い(1584年)
    ・関ヶ原の戦い(1600年)
  11. 江戸時代

    西暦:1603年~1868年
    都:平安京
    ・大坂冬の陣(1614年)
    ・大坂夏の陣(1615年)
    ・大塩平八郎の乱(1837年)
    ・黒船来航(1853年)
    ・桜田門外の変(1860年)
    ・禁門の変(1864年)
  12. 明治時代

    西暦:1868年~1912年
    都:東京府
    ・王政復古の大号令(1868年)
    ・廃藩置県(1871年)